米厚生長官 台湾外交部長と会談 “コロナの教訓を国際会議で”

米厚生長官 台湾外交部長と会談 “コロナの教訓を国際会議で”
台湾を訪問しているアメリカのアザー厚生長官は、呉※ショウ燮外交部長と会談し、新型コロナウイルス対策で台湾が学んだ教訓や世界レベルの専門性を国際会議の場などで分かち合えるようにすることが重要だという考えを強調しました。
アザー長官は、アメリカが41年前に台湾と断交して以来、台湾を訪問する最高位の高官で、滞在3日目の11日、台北市内で外交トップの呉※ショウ燮外交部長と会談しました。

会談の冒頭で、呉部長は「中国は台湾の人々に圧力をかけ続け、台湾をもう一つの香港にしようとしており、われわれの状況はますます苦しくなっている」と述べました。

そのうえで、「アザー長官を始めアメリカ政府は台湾が国際的な舞台に参加しようとする闘いを常に支えてくれている」と述べ、WHO=世界保健機関などの国際機関に参加できるようアメリカ側の支援を求めました。

これに対してアザー長官は、台湾の新型コロナウイルス対策を称賛したうえで、「台湾が学んだ教訓や世界レベルの専門性を国際会議で分かち合えるようにするべきだ」と述べました。

そのうえで、「これまで、台湾を国際機関から締め出すという非生産的な行為を目にしてきた」と述べ、WHOへの台湾の参加を認めない中国を批判しました。

トランプ政権は、WHOが中国寄りだとして来年7月に脱退すると国連に通知しています。

※ショウは「金偏」に「りっとう」。