台風5号 朝鮮半島付近を北上 九州北部は強風や高波に注意を

台風5号 朝鮮半島付近を北上 九州北部は強風や高波に注意を
k10012560441_202008101809_202008101817.mp4
台風5号は朝鮮半島付近を北上していて、九州北部では引き続き強風や高波に十分注意が必要です。一方、台風は11日朝までには温帯低気圧に変わって、北海道に近づく見込みで、局地的に激しい雨が降るおそれがあり、今後の情報に注意が必要です。
気象庁の観測によりますと、台風5号は、午後6時には、朝鮮半島付近を1時間に50キロの速さで北北東へ進んでいます。

中心の気圧は998ヘクトパスカル、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、中心の東側520キロ以内と西側165キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

九州北部では、このあとしばらくの間は、風が強く海上はしけるほか、四国では台風に向かって暖かく湿った空気が流れ込む影響で、11日明け方にかけて局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降るおそれがあります。

気象庁は強風や高波、大雨に十分注意するとともに、落雷、突風にも注意するよう呼びかけています。

一方、台風は次第に進路を北東に変えて日本海を進み、11日朝までには温帯低気圧に変わって、北海道へ近づく見込みです。

このため、北海道は11日、海上を中心に非常に強い風が吹くほか、大気の状態が不安定になって、局地的に、雷を伴い1時間に30ミリ以上の激しい雨が降るおそれがあります。

11日夕方までの24時間に降る雨の量は、北海道の多いところで120ミリと予想されています。

先週、記録的大雨となった宗谷地方でも再び大雨となるおそれがあります。

気象庁は、今後の情報に注意するよう呼びかけています。