静岡や鳥取で37度超に 10日以降も厳しい暑さか 熱中症に警戒を

静岡や鳥取で37度超に 10日以降も厳しい暑さか 熱中症に警戒を
k10012559261_202008091922_202008091926.mp4
9日も東日本と西日本を中心に各地でこの夏一番の厳しい暑さとなり、静岡市で37.2度を観測するなど、広い範囲で猛暑日となりました。10日以降も広い範囲で厳しい暑さが続く見込みで、熱中症に警戒を続けてください。
気象庁によりますと、東日本と西日本の太平洋側には南からの暖かい空気が流れ込み、山陰地方も山を越えて暖かい風が吹き降ろす「フェーン現象」の影響を受け、各地でこの夏一番の厳しい暑さとなりました。

日中の最高気温は、
▽静岡市で37.2度、
▽鳥取市青谷で37.1度、
▽鳥取県米子市で37度などと
広い範囲で35度以上の猛暑日となりました。

10日も東日本と西日本の広い範囲で厳しい暑さとなる見込みで、
日中の最高気温は、
▽富山市で37度、
▽名古屋市、さいたま市、松江市で36度、
▽東京の都心や大阪市、金沢市、高松市、京都市などで35度と予想されています。

厳しい暑さはその後も続く見通しで、大阪市や名古屋市などでは1週間程度猛暑日が続くと予想されています。

こまめな水分補給と休憩に加えて、屋外ではできるだけ日ざしを避け、室内は冷房を使うなどして、熱中症に引き続き警戒してください。