台風5号 10日にかけ九州北部に近づく見込み 暴風や高波に警戒

台風5号 10日にかけ九州北部に近づく見込み 暴風や高波に警戒
台風5号は沖縄本島地方を北上し、10日の日中にかけて九州北部に近づく見込みです。台風が近づく地域では暴風や高波に警戒が必要なほか、大気の状態が非常に不安定になるため落雷や突風にも十分注意が必要です。
気象庁の観測によりますと、台風5号は午後9時には、沖縄県の久米島の北北西、120キロの海上を1時間に35キロの速さで北へ進んでいます。

中心の気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心から南東側460キロ以内と北西側220キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

沖縄県の広い範囲、それに鹿児島県奄美地方の一部も台風の強風域に入っています。

台風はこのあと九州の西の海上を北上し、10日日中にかけて九州北部に近づき、その後、朝鮮半島付近へ進む見込みです。

沖縄地方では台風の雨雲がかかり、非常に強い風が吹いて海上は大しけとなっています。

10日にかけての最大風速は、
▽沖縄地方で20メートル、
▽九州北部で23メートルで、
最大瞬間風速は
▽沖縄地方で30メートル、
▽九州北部で35メートル、
波の高さは、
沖縄地方、九州北部ともに6メートルと予想されています。

また10日夕方までの24時間に予想される雨の量は、
いずれも多いところで、
▽沖縄地方で150ミリ、
▽九州北部で120ミリと予想されています。

九州北部と山口県では台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込んで、大気の状態が非常に不安定になる見込みで、局地的に雷を伴って激しい雨が降り、落雷や竜巻などの突風が発生するおそれがあります。

台風が近づく地域では暴風や高波に警戒が必要なほか、落雷や突風にも十分注意が必要です。