サッカーJ1 首位 川崎フロンターレが8連勝

サッカーJ1 首位 川崎フロンターレが8連勝
サッカーJ1は第9節の7試合が行われ、首位の川崎フロンターレが大分トリニータに勝ち、連勝を8に伸ばしました。
フロンターレは三笘薫選手とレアンドロ・ダミアン選手のゴールで2対0で勝ち、連勝のクラブ記録を「8」に伸ばしました。トリニータは5連敗です。

ガンバ大阪対横浜FCは、ガンバが2対1で勝ち、暫定2位に浮上しました。横浜FCは5連敗となりました。

名古屋グランパス対浦和レッズは、グランパスが6対2で快勝しました。グランパスの前田直輝選手は前半だけで3得点で、ハットトリックを達成し、後半にもゴールを決めてこの試合4得点の活躍でした。

清水エスパルス対北海道コンサドーレ札幌は、エスパルスが3対1で勝ちました。コンサドーレは今シーズン初の連敗です。

鹿島アントラーズ対サガン鳥栖は、アントラーズが2対0で勝ち、今シーズン初の2連勝です。

横浜F・マリノス対柏レイソルは、1対1で引き分けました。レイソルは得点ランキングトップのオルンガ選手が5試合連続ゴールを決めて先制しましたが、F・マリノスはオナイウ阿道選手のゴールで追いつきました。

ヴィッセル神戸対ベガルタ仙台は、ベガルタが2対1で勝ち、連敗を3で止めました。

残りの2試合は、9日行われます。