香港政府 米の制裁に声明 「恥知らずな措置だ」と非難

香港政府 米の制裁に声明 「恥知らずな措置だ」と非難
アメリカのトランプ政権が7日、香港政府トップ、林鄭月娥行政長官などに対し、アメリカ国内の資産を凍結する制裁を科したことについて、香港政府は声明を出し、「恥知らずな措置だ」と非難しました。
トランプ政権は7日、香港の自治を損ね表現の自由を制約したとして、香港政府のトップ、林鄭月娥行政長官や中国政府の高官ら11人に対し、アメリカ国内の資産を凍結する制裁を科したと発表しました。

これについて香港政府は8日、声明を発表し、「恥知らずで卑劣な措置で、中国の内政への露骨な干渉だ。去年6月以降、社会の混乱が深まる中、警察は公共の安全を維持するための手段が必要であり、これは世界中の警察と変わらない義務と責任だ」と述べて、反政府的な動きを取り締まる香港国家安全維持法の施行など一連の対応の正当性を主張しました。

また、声明では林鄭長官の談話として、「香港市民だけでなく、14億人の中国本土の人々の生命と利益を保護する名誉ある義務を果たしており、私たちは恐れない」としています。

このほか、同じく制裁の対象となった、香港にある中国政府の出先機関トップ、駱恵寧主任も談話を発表し、「自分は海外に資産はなく、制裁はむだではないか。資産を凍結してもらうためにトランプ氏に100ドル送ってもいい」と批判しました。

中国政府「いかなる脅しにも動じない」

アメリカのトランプ政権が香港政府や中国政府の高官らに対し、アメリカ国内の資産を凍結する制裁を科したことについて、中国政府で香港問題を担当する香港マカオ事務弁公室は8日夜に声明を出し、「いかなる脅しや威嚇も国家の安全を守るという我々の意志を動揺させることはできない」と反発しました。

さらに、声明では、「あからさまな覇権主義の行為であり、国際法や国際関係の規範を乱暴に踏みにじり、横暴かつ理不尽で恥知らずだ」などとアメリカを強く非難しています。