国民 玉木代表“新党の名称 無記名投票で合意なら大きな進展”

国民 玉木代表“新党の名称 無記名投票で合意なら大きな進展”
立憲民主党との合流協議をめぐって、国民民主党の玉木代表は、新党の名称の決め方について、無記名による投票で合意できれば大きな進展だという認識を示しました。
立憲民主党との合流協議をめぐって、国民民主党の玉木代表は、岐阜市での記者会見で、「だらだらと協議を続けるわけにはいかず、きょうが1つのリミットだ。民主的な手続き、すなわち無記名投票で合意できるなら大きな進展だと思うし、決着にかなり近づく」と述べました。

そのうえで、「新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、新党のスタート時点で消費税の減税で一致できれば国民に大義を示すことができる。トップどうしで直接会って話し合いたい」と述べ、合流する場合は、政策のすり合わせも必要だという考えを重ねて示しました。