広島空港にコロナ対策サーモグラフィー設置 帰省ラッシュ前に

広島空港にコロナ対策サーモグラフィー設置 帰省ラッシュ前に
広島空港には、新型コロナウイルス対策として体温を確認するサーモグラフィーが設置され、お盆の帰省ラッシュに備えています。
サーモグラフィーは広島空港の国内線の保安検査場の入り口に設置され、体温が37度5分以上の人がカメラの前に立つと画面に数字が赤く表示されます。

お盆の帰省ラッシュを前に新型コロナウイルス対策として、7日に設置されました。

新型コロナウイルスの感染が広がる中、広島空港を発着する国内線は一時期便数を減らしていましたが、お盆には帰省客も見込まれることから便数を増やして運航されるということです。

空港は発熱の症状がある利用客は航空会社のカウンターに申し出るよう求めています。

広島県空港振興課の柴田勉課長は「お盆休みに入ると人の動きが活発になるが、ターミナルや機内では感染症の対策をしっかり行っているので安心して利用してほしい」と話していました。

広島空港では準備が整い次第、2台目のサーモグラフィーを導入する予定です。