巨人 内野手の増田がリリーフで登板 無失点に抑える

巨人 内野手の増田がリリーフで登板 無失点に抑える
プロ野球 巨人の内野手、増田大輝選手が6日夜、甲子園球場で行われた阪神との試合でマウンドに上がってバッター3人と対戦し、無失点に抑えました。
増田選手は、0対11と阪神に大きくリードされた8回、1アウトから6人目としてプロ初登板となるマウンドに上がりました。

最初のバッターをセカンドゴロに打ち取ったあと、フォアボールを与えましたが、3人目はライトフライに打ち取りました。

増田選手は大きくコントロールを乱すことなく、変化球を交えて投げ、球速は130キロ台後半をマークしました。

起用した原辰徳監督は、「チーム最善策。6連戦の中であそこをフォローするピッチャーはいない」と、中継ぎピッチャーを温存させることがねらいだったと説明しました。