ベイルート爆発 衝撃は教会でのインターネット中継にも

レバノンの首都ベイルートで4日起きた大規模な爆発の衝撃は、当時、キリスト教の教会で行われていたインターネット中継にも、とらえられていました。
映像では、司祭が教会内で祈りをささげていると、地震のような揺れが数秒間続き、電気が消えたあと、大きな衝撃が教会全体を襲っているのが分かります。

この衝撃で、ステンドグラスが大きな音を立てて崩れ落ち、司祭もその場から避難する様子も確認でき、爆発による衝撃の大きさを物語っています。