プロ野球 5日の結果 楽天がソフトバンクに勝って同率首位に

プロ野球 5日の結果 楽天がソフトバンクに勝って同率首位に
プロ野球はナイトゲーム6試合が行われ、パ・リーグ2位の楽天が首位のソフトバンクに勝って同率の首位に浮上しました。
パ・リーグです。

楽天対ソフトバンクは楽天が6対0で勝ちました。
楽天はソフトバンクと同率の首位に浮上しました。楽天先発の涌井投手は9回のヒット1本に抑える好投で自身初の開幕からの6連勝。打線は5回、小深田選手のタイムリーヒットなどで3点を先制し、6回にも浅村選手の2点タイムリーツーベースで追加点を挙げました。ソフトバンクは投打に精彩を欠きました。

オリックス対ロッテはロッテが12対1で勝ちました。
ロッテは4回、安田選手の2点タイムリーツーベースと菅野選手の2号ツーランホームランで4点を先制しました。5回には5本のヒットに3つのフォアボールを絡めて7点を奪いました。先発の小島投手は6回1失点の好投で3勝目を挙げました。オリックスはロッテに1つの引き分けを挟んで7連敗となりました。

日本ハム対西武は西武が7対2で勝ちました。
西武は1点を追う6回、スパンジェンバーグ選手の6号ツーランで逆転し、さらに山川選手の13号ツーランなどで3点を挙げてリードを広げました。3人目の平井投手に勝ちがつき、4勝目を挙げました。西武の連敗は3でストップです。日本ハムは11本のヒットを打ちましたが、チャンスを生かし切れませんでした。

セ・リーグです。

DeNA対中日はDeNAが8対2で勝ちました。
DeNAは1回、ロペス選手の2点タイムリーヒットで先制し、3回には佐野選手のタイムリーで追加点を挙げました。佐野選手は4回にタイムリーツーベース、8回には6号ソロを打ち、3打点の活躍でした。先発の※ハマ口投手は5回1失点で3勝目を挙げました。中日は3安打と打線が振るわず、投手陣も5人全員が失点しました。
(※濱のつくりのウ冠の下が眉にハ)

ヤクルト対広島は、広島が4対1で勝ちました。
広島は1対1の5回、長野選手のタイムリーツーベースで勝ち越し7回に堂林選手の8号ソロホームランで追加点を挙げました。先発の野村投手は7回1失点の好投で2勝目。広島は今シーズン初の3連勝です。ヤクルトは引き分け1つを挟んで4連敗となり、3位に後退しました。

阪神対巨人は、巨人が4対1で勝ちました。
巨人は3回、若林選手のタイムリーヒットで先制し、6回には岡本選手の2点タイムリーツーベースなどで3点を追加しました。先発の戸郷投手は8回途中を1失点の好投で4勝目を挙げました。阪神は藤浪投手が今シーズン最長の8回を投げましたが、打線が援護できませんでした。