藤井聡太棋聖 史上最年少での「二冠」王手 「王位戦」3連勝

藤井聡太棋聖 史上最年少での「二冠」王手 「王位戦」3連勝
先月、将棋のタイトルを史上最年少で獲得した藤井聡太棋聖が、2つ目のタイトル獲得をかけて木村一基王位に挑む「王位戦」七番勝負の第3局に勝ち、3連勝で早くも「二冠」に王手をかけました。
藤井聡太棋聖(18)は、先月、八大タイトルの1つ「棋聖戦」を制して史上最年少でのタイトル獲得を果たし、同時に挑んでいる「王位戦」の七番勝負でも、30歳ほど年上の木村一基王位(47)を相手に、ここまで2連勝しています。

神戸市の有馬温泉で、4日から行われた第3局は、先手の藤井棋聖が中盤から積極的に攻めて木村王位に反撃のチャンスを与えないまま優勢になり、5日午後7時22分、149手までで木村王位を投了に追い込みました。

藤井棋聖は初戦から負けなしの3連勝で「棋聖」に続く「王位」のタイトル獲得まであと1勝となり、史上最年少での「二冠」に早くも王手をかけました。

対局のあと藤井棋聖は「きょうは途中までじりじりとした展開が続いて、木村先生の指し手の力強さを非常に感じました。これまでの将棋の内容をしっかり反省して、第4局もいい将棋が指せるようにしたい」と話しました。

一方、3連敗で角番に立たされた木村王位は「攻められっぱなしになり、つまらない展開にしてしまったかなと思います。あとがなくなりましたが、いつもどおり精いっぱい指したいです」と話していました。

「二冠」と「八段昇段」の最年少記録更新も

藤井聡太棋聖(18)が、今回の王位戦の七番勝負であと1勝して「王位」のタイトルを獲得すると「二冠」と「八段昇段」の最年少記録を更新することになります。

日本将棋連盟によりますと、タイトルを同時に2つ保持する「二冠」の現在の最年少記録は、羽生善治九段(49)が平成4年に棋王に続いて王座のタイトルを獲得した際の「21歳11か月」で、これに次いで、中原誠十六世名人(72)の「23歳4か月」、南芳一九段(57)の「24歳9か月」などとなっています。

藤井棋聖が、今回の王位戦でタイトルを獲得した場合「18歳1か月」か「18歳2か月」で二冠を達成することになり、最年少記録を3年以上更新することになります。

また、藤井棋聖が王位のタイトルを獲得すると「タイトル2期獲得」の条件を満たして、その時点で「八段」に昇段します。

八段昇段の最年少記録は、加藤一二三九段(80)が、別の条件を満たして昭和33年に達成した「18歳3か月」で、藤井棋聖は今回の王位戦に、この記録を更新するチャンスを残しています。