プロ野球 4日の結果 首位巨人が2位ヤクルトとのゲーム差広げる

プロ野球 4日の結果 首位巨人が2位ヤクルトとのゲーム差広げる
プロ野球はナイトゲーム6試合が行われ、セ・リーグでは首位の巨人が2位・ヤクルトとのゲーム差を5に広げました。
セ・リーグです。

阪神対巨人は巨人が7対2で勝ちました。

巨人は1回、坂本選手の7号ソロで先制し、3回は北村選手のプロ初となる1号ソロ、5回には丸選手のタイムリーでリードを広げました。

そして1点差に追い上げられた8回は相手のエラーなどで4点を加えました。

菅野投手は7回2失点で開幕6連勝です。

阪神は打線のつながりを欠き勝率5割を切りました。

ヤクルト対広島は広島が6対3で勝ちました。

広島は3点を追う7回、長野選手の1号スリーランで追いつき、8回には田中広輔選手の3号スリーランで勝ち越しました。

ヤクルトは先発した高梨投手の粘りのピッチングを生かせず、引き分け1つを挟んで3連敗です。

DeNA対中日はDeNAが3対0で勝ちました。

DeNAは4回、ダブルプレーの間に先制し、6回には梶谷選手からの4連続ヒットで2点を加えました。

先発した井納投手は7回無失点の好投で3勝目。

三嶋投手が3セーブ目を挙げました。

中日は2試合連続で無得点に終わり、プロ初の先発出場となった2年目の根尾選手は3打数ノーヒットでした。

パ・リーグです。

楽天対ソフトバンクは楽天が7対6で勝ちました。

楽天は2点を追う8回、ブラッシュ選手のタイムリーと浅村選手の14号ツーランで3点をあげて逆転しました。

4人目のルーキー、津留崎投手がプロ初勝利です。

ソフトバンクは序盤からリードする展開でしたが、終盤にリリーフ陣がリードを守れませんでした。

オリックス対ロッテは延長10回、規定により5対5で引き分けました。

オリックスは4点を追う7回、代打・伏見選手の2点タイムリーなどで3点を返し、9回には2アウト二塁から吉田正尚選手のタイムリーツーベースで追いつきました。

ロッテは4回までに5点をあげましたが、逃げ切れませんでした。

日本ハム対西武は日本ハムが11対4で勝ちました。

日本ハムは1対1の3回、大田選手の4号ツーランで勝ち越し、6回にも大田選手の5号スリーランなどで4点をあげて突き放しました。

先発の上沢投手は6回途中4失点も2勝目です。

西武は3連敗となりました。