IR汚職めぐりうその証言依頼か 証人等買収容疑で3人逮捕

IR汚職めぐりうその証言依頼か 証人等買収容疑で3人逮捕
秋元司衆議院議員が起訴されたIR・統合型リゾート施設をめぐる汚職事件で、贈賄側の中国企業の元顧問らに、裁判でうその証言をするよう依頼し、報酬として現金を渡そうとしたとして、東京の会社役員ら3人が証人等買収の疑いで東京地検特捜部に逮捕されました。

贈賄側の元顧問らは捜査段階で秋元議員に賄賂を渡したことを認めていたということで、特捜部が詳しい経緯を調べています。
逮捕されたのは、いずれも会社役員で東京 中央区の佐藤文彦容疑者(50)と、東京 港区の淡路明人容疑者(54)、それに那覇市の宮武和寛容疑者(49)の3人です。

東京地検特捜部などによりますと、3人はことし6月から先月にかけて、衆議院議員の秋元司被告(48)が起訴されたIR・統合型リゾート施設をめぐる汚職事件で贈賄の罪に問われている中国企業の元顧問の紺野昌彦被告(48)と仲里勝憲被告(48)に、裁判でうその証言をするよう依頼し、報酬として現金3000万円と数百万円をそれぞれ渡そうとしたとして、証人等買収の疑いが持たれています。

IRをめぐる汚職事件について秋元議員は起訴された内容を全面的に否認していますが、元顧問2人は特捜部の調べに対し、3年前の9月に議員会館で秋元議員に現金300万円の賄賂を渡したことなどを認めていたことが、関係者への取材で分かっています。

特捜部は秋元議員側と逮捕された3人の接点の有無などについて解明を進めるものとみられます。

裁判でうその証言をする報酬として金品を提供したりその約束をしたりすることを禁じる「証人等買収罪」は、3年前に施行された改正組織犯罪処罰法で新設され、適用されるのは今回が初めてとみられます。

特捜部は3人の認否を明らかにしていません。

IR汚職事件とは

IRを担当する内閣府の副大臣だった衆議院議員の秋元司被告(48)は、IRへの参入を目指していた中国企業「500ドットコム」側から総額およそ760万円相当の賄賂の提供を受けたとして収賄の罪に問われています。

東京地検特捜部が賄賂と認定したのは、
▽中国企業が那覇市で開いたシンポジウムの講演料として3年前の平成29年9月1日に支払った200万円、
▽衆議院解散日だった同じ年の9月28日に、議員会館で元顧問らから受け取ったとされる現金300万円、
▽同じ年の12月にプライベートジェットでマカオなどを訪れた際に、中国企業側が負担した185万円相当の旅費やチップ代など、
▽おととし2月に企業側から招待された北海道留寿都村へのおよそ76万円相当の家族旅行です。

食い違う供述

秋元議員はことし2月、保釈金3000万円を納めて東京拘置所から保釈された直後に記者会見を開いて、起訴された内容を全面的に否認し、このうち議員会館で受け取ったとされる現金300万円については「議員会館で贈賄側と会ったという記憶がなく、贈賄側から現金を受け取ったという事実は絶対にない。当時は、私が裏金で300万円をもらわなければならない状況には全くなかったことは、はっきり申し上げたい」と主張しました。

一方、関係者によりますと贈賄の罪で起訴された中国企業の元顧問の紺野昌彦被告(48)と仲里勝憲被告(48)らは、起訴された内容を認め、議員会館での300万円については「紙袋に入れた現金を秋元議員に直接手渡した」などと供述していたということです。

この事件の初公判の日程は決まっていませんが、秋元議員が全面的に起訴内容を否認する中、贈賄側の元顧問らが法廷でどのような証言をするか注目されていました。