カレーの“ココイチ” 本場インドに初出店 1号店がオープン

カレーの“ココイチ” 本場インドに初出店 1号店がオープン
k10012548851_202008031938_202008031947.mp4
カレーの本場インドで、日本のカレーチェーン最大手の1号店が3日オープンし、日本のカレーがインドで受け入れられるのか、注目を集めています。
首都ニューデリー近郊の商業地区にオープンしたのは、「カレーハウスCoco壱番屋」です。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、当初の予定より4か月余り遅れてのオープンとなりました。

カレーの味や、客の好みで辛さなどを選ぶ注文方法は、日本と同じですが、インドのチーズが入ったカレーなど日本にはないメニューも提供しています。

3日は開店直後から多くの客が訪れ、日本のカレーの味を楽しんでいました。

インド人の男性客は「ちょっと辛いけどおいしいです。日本のカレーを初めて食べましたが、とてもユニークです。インド人も好きだと思います」と話していました。

また、店を運営する「壱番屋インディア」の中村広佐COOは「多くの人に来てもらえてうれしいです。今後は、インド人にも日本のカレーを知ってもらいたい」と話していました。

インドでは新型コロナウイルスの感染が拡大しており、この店では、客席数を半分の30席にとどめたり、メニューをQRコードで読み込めるようにするなどの感染対策を取っています。