相次ぐ道路の陥没 “過剰な土砂取り込み”原因か 横浜

相次ぐ道路の陥没 “過剰な土砂取り込み”原因か 横浜
ことし6月に横浜市で相次いだ道路の陥没について、「鉄道・運輸機構」は、地下で鉄道のトンネル工事を行った際に掘削用の機械が過剰に土砂を取り込み、地中に隙間ができたことが原因と推定されると明らかにしました。
ことし6月、横浜市港北区の「環状2号線」と呼ばれる道路で、およそ300メートル離れた2か所が相次いで陥没しました。

いずれの現場も地下では鉄道のトンネルを通す工事が行われていて、工事を行う「鉄道・運輸機構」は、陥没との関連について専門家からなる委員会を設置して調べていました。

その結果、地質などの影響で『シールドマシン』という地下を掘り進める機械が過剰に土砂を取り込み、地下で隙間ができていたことが原因と推定されると明らかにしました。

さらに、土砂の掘削量をリアルタイムで連続して監視しておらず、過剰な土砂の取り込みが確認できず、隙間を埋めることもできなかったということです。

「鉄道・運輸機構」は地盤を再度詳しく調べるとともに、地中の状況の適切な管理や監視体制の強化などの再発防止策を取って工事を進めることにしています。