香港 立法会議員選挙 1年延期を発表 新型コロナ感染拡大理由に

香港 立法会議員選挙 1年延期を発表 新型コロナ感染拡大理由に
香港政府は、ことし9月に予定していた立法会の議員選挙を新型コロナウイルスの感染拡大を理由に1年間延期すると発表しました。民主派は、今回の選挙で過半数の議席獲得を目指していただけに、感染対策を口実とした先延ばしだと反発を強めることが予想されます。
香港政府トップの林鄭月娥行政長官は31日午後、記者会見し、ことし9月6日に予定されていた議会に当たる立法会議員選挙を1年間延期し、来年9月5日に行うと発表しました。

理由について、林鄭長官は「7月に入って、新型コロナウイルスの感染が広がっており、市民の安全を守るため、非常に難しい決断をせざるをえない」と説明したうえで、「選挙の公平性を保つための措置で、政治的な意図はない」と述べました。

香港では、6月末に香港国家安全維持法が施行され、政治活動などへの締めつけが強まっています。

今回の選挙では、政府に批判的な立場の民主派が初めての過半数の議席の獲得を目指していましたが、30日、12人が政治的な立場を理由に立候補が取り消されています。

これについて、香港政府は、立候補が取り消された人たちも来年、改めて立候補を届け出ることは可能だとしています。

民主派は「感染防止を理由に市民の投票の権利を乱暴に奪うことは許されない」とする声明を出していて、感染対策を口実とした先延ばしだと反発を強めることが予想されます。

中国「生命と健康守り 選挙の公平性保つ」

中国政府で香港問題を担当する香港マカオ事務弁公室は声明を出し、「香港市民の生命と健康を守り、選挙の公平性を保つ措置だ」として延期の判断を支持する立場を示しました。

さらに声明では「今回の決定により香港政府の正常な行政運営に影響が出ることはなく、香港市民が法に基づいて享受している民主的な権利や自由を損ねることもない」としています。