高速大容量「ローカル5G」実証実験の施設が完成 NTT東日本

高速大容量「ローカル5G」実証実験の施設が完成 NTT東日本
高速・大容量の新しい通信規格を小規模なエリアで利用する「ローカル5G」の実証実験ができるNTT東日本の施設が全面的に完成し、30日に内部が公開されました。
ローカル5Gは、建物の中などの限られたエリアで使える高速・大容量の通信網で、企業や自治体に電波が割り当てられています。

NTT東日本は、ことし4月に免許を取得して、東京 調布市の研修センターに企業や自治体などがローカル5Gの実証実験をできる施設を整備し、全面的に完成した施設の内部を公開しました。

施設の広さは340平方メートルで、30日は農業のIT化に取り組む企業が、ロボットを制御する実験を行いました。

ロボットにはカメラが備えられ、離れた場所から遠隔で操作することで作物の生育状況などを把握でき、担当者は従来の通信規格よりも鮮明な映像を確認していました。

NTT東日本ビジネス開発本部の渡辺憲一担当部長は「ローカル5Gは1次産業のほか工場など、さまざまな場所で活用できるため、特に地方での導入を進め、地方経済の活性化に貢献していきたい」と話していました。

ローカル5Gは、富士通や東京都なども、これまでに免許を取得していて新たなサービスの開発を進めています。