山形県内 河川9か所で氾濫危険水位に 厳重警戒を(午後7時半)

山形県内 河川9か所で氾濫危険水位に 厳重警戒を(午後7時半)
山形県によりますと、28日午後7時半現在、県内の河川で氾濫のおそれがある「氾濫危険水位」を超えている観測所は合わせて9か所あります。
県によりますと「氾濫危険水位」を超えているのは、
▽最上川の上流の2か所で河北町の下野水位観測所と、中山町の長崎水位観測所。

▽山形市を流れる須川の坂巻観測所、
▽鶴岡市を流れる京田川の三和観測所、藤島川の藤島観測所、黒瀬川の黒瀬川観測所、
▽三川町を流れる京田川の三川落合観測所。

▽上山市を流れる前川の北町観測所、
▽高畠町を流れる屋代川の中橋観測所です。

大江町の月布川 観測所での不具合で水位データ取れず

一方、すでに氾濫が確認された大江町を流れる月布川では、観測所で不具合があり、水位のデータが取れなくなっているということです。

山形県などは、氾濫の危険性が高まっているとして、厳重に警戒するよう呼びかけています。