ドーナツ提供は過失か? 老人ホームで入所者死亡 あす2審判決

ドーナツ提供は過失か? 老人ホームで入所者死亡 あす2審判決
全国の福祉関係者が注目する裁判で、28日、2審の判決が言い渡されます。7年前、長野県の特別養護老人ホームでドーナツを食べた入所者が死亡したことをめぐり、准看護師がおやつの確認を怠ったとして業務上過失致死の罪に問われている裁判。1審では有罪とされ、介護の現場が萎縮しかねないという不安の声が上がっています。
長野県安曇野市の特別養護老人ホームに勤める准看護師の60歳の女性は、平成25年、おやつの確認を怠り、ドーナツを食べた85歳の女性を死亡させたとして、業務上過失致死の罪で起訴され、無罪を主張しています。

1審の長野地方裁判所松本支部は去年3月、准看護師に過失があったとして罰金20万円の有罪判決を言い渡しました。

2審で弁護側は「ドーナツをあげると窒息するという認識は職員たちになかった」として改めて無罪を主張した一方、検察はおやつを確認する義務があったとして、控訴を退けるよう求めています。

准看護師が有罪とされると介護の現場が萎縮しかねないとして、無罪を求める27万人余りの署名が東京高裁に提出されるなど、医療や福祉に携わる全国の関係者の注目を集めています。

判決は28日午後3時に東京高等裁判所で言い渡されます。

これまでの捜査と裁判は?

平成25年12月、長野県安曇野市の特別養護老人ホームでドーナツを食べた85歳の入所者の女性が心肺停止となって病院に搬送され、1か月後に亡くなりました。

警察は、ドーナツを出した准看護師がおやつの確認を怠ったために入所者がドーナツを詰まらせたとして、業務上過失致死の疑いで書類送検し、検察も起訴しました。

裁判で弁護側は一貫して無罪を主張しましたが、1審の長野地方裁判所松本支部は「ゼリーを提供することとされていたのに確認を怠った」として、准看護師に刑事責任があるとし、罰金20万円の有罪判決を言い渡しました。

准看護師は控訴し、2審でも無罪を主張していました。

今回の裁判 争点は?

1つ目は「准看護師におやつの形状を確認する義務があったか」という点です。

検察は「入所者に提供するおやつは事故の前に固形のものからゼリー状のものに変更されていた。准看護師は固形のものを提供すれば窒息などで死亡する危険性を認識していたのに、おやつの形状を確認する義務を怠った」と主張。

弁護側は「入所者は食べ物を飲み込む機能に問題はなく、准看護師にはドーナツをあげると窒息するという認識は無かった。当日、手が足りなさそうだった介護職員を手伝っておやつの提供をしただけで、入所者に提供するおやつが変更されていたことは知らされておらず、確認する義務はなかった」と主張しました。

2つ目は「入所者の女性の死因が窒息であるのか」という点です。

検察は「女性はおやつに提供されたドーナツをのどに詰まらせて窒息して死亡した」と主張し、弁護側は「脳のCT画像などから女性は脳梗塞を発症しており、窒息によって死亡したのではない」と主張しています。

「事故が起きたら有罪に…」介護現場に衝撃

1審の有罪判決は介護の現場に衝撃を与えました。施設によってはこれまでの対応を変えるなど、影響が出てきています。

東京 葛飾区の特別養護老人ホーム「葛飾やすらぎの郷」では、利用者に提供するおやつの種類を減らしました。

これまでは、まんじゅうやカステラといった固形のおやつと、ゼリーやヨーグルトといった柔らかいおやつの2種類を用意し、ふだんは柔らかい食事を食べている利用者であっても、おやつでは食べたいものを選べるようにしていました。

しかし1審の判決で「准看護師はおやつの形状を確認する義務を怠った」と判断されたことを受けて、固形のおやつの提供はやめ、柔らかいおやつだけの提供に切り替えたということです。

施設の木下万誠生活援助部長は「利用者の方にとっておやつは楽しみなので、『おやつくらいは形のあるものを食べたい』という要望を聞いています。提供したい気持ちもありますが、安全のことを考えて柔らかいものしか出せないので、申し訳ない気持ちになります」と話しています。

また、利用者が食べ物を気管に入れてしまう「誤嚥」などの事故が起きた後、再発防止のために、職員が作成する書類の書き方を変更したということです。

これまでは事故の原因として考えられることを職員が推測して記入していました。

ところが、もし事故が起きて刑事事件として捜査を受けると、書類に推測が記載されていることによって、事故を事前に予測できたのではないかと受け止められるおそれがあると考え、「原因不明」と書くようにしているということです。

事故が起きたら有罪にされるのではないかという怖さを感じるようになったといいます。

木下部長は「介護の仕事は利用者の方の喜ぶ顔を見るのがやりがいですが、裁判を受けて、現場の職員たちが介護の途中で事故が起きたら自分が有罪にされるのではないかという怖さを抱えながら仕事をするようになりました。おやつの提供にとどまらず、利用者の方から『こういうことをしたい』『こういうところに行きたい』という声があがっても、事故が起きた場合のことを考えて利用者の希望に応えて新しいことに挑戦する気持ちが低下してしまうと思います」と話しています。

無罪求める署名 全国から集まる

准看護師が有罪になると介護の現場が萎縮しかねないとして、全国の医療や福祉の関係者などから無罪を求める署名が裁判所に提出されるなど、2審の判決は注目されています。

准看護師を支援する団体によりますと、1審では44万筆余り、2審ではおよそ27万筆の署名を集め、裁判所に提出したということです。

団体には全国から応援の寄せ書きやメッセージが寄せられ「個人の刑事責任が問われるなら、介護施設で働く看護師として利用者へ安心してケアを提供できない」とか「看護者、介護者はどこも人手不足を感じていて、なり手不足が加速すると思う」というものがありました。

今月21日、2審の判決を前に開かれた弁護団の記者会見で藤井篤弁護士は「介護の現場は人員不足に悩んでいる。介護中の事故で有罪になってしまうと、おやつは与えない、食事も胃ろうのようなものにするなど、介護のレベルが下がってしまう」と訴えました。

専門家「判決内容によって 利用者に影響のおそれも」

介護の問題に詳しい淑徳大学の結城康博教授は「お年寄りの楽しみや自己実現をかなえるのも介護の役割の1つだ。お年寄りにとっていちばんの楽しみは食事であり、しっかりと安全対策を取ったうえで固形の食事を提供するのは利用者の楽しみを保障する介護になる」と指摘しています。

そのうえで「現場の職員たちに『安全だけ確保すればいい』という考え方が浸透すると、本人の希望を置き去りにした介護に徹してしまい、結果的にはお年寄りの生活の質が低下してしまう」として、判決の内容によっては利用者の生活に影響が出るおそれがあると指摘しています。