山本寛斎さん死去 76歳 国際的ファッションデザイナー

山本寛斎さん死去 76歳 国際的ファッションデザイナー
k10012534531_202007271729_202007271750.mp4
国際的なファッションデザイナーで、イベントプロデューサーとしても活躍した山本寛斎さんが、今月21日、白血病のため亡くなりました。76歳でした。
岐阜市出身の山本寛斎さんは、大学中退後、コシノジュンコさんなど有名デザイナーのもとで働いたあとに独立し、27歳の時に日本人として初めてロンドンでファッションショーを開催し、斬新なデザインと歌舞伎から影響を受けた大胆な演出で注目を集めました。

既成概念にとらわれない前衛的なデザインは、若者を中心に支持を集め、パリやニューヨークなどのコレクションに参加するなど国際的に活躍する一方、デヴィッド・ボウイさんやスティーヴィー・ワンダーさんなど世界的ミュージシャンとも親交を深めました。

日本の神話「因幡の白兎」をモチーフにしたデヴィッド・ボウイさんのステージ衣装は、山本さんの代表作の1つとして知られています。

ファッションデザイナーの枠を超えてライブイベントなどのプロデューサーとしても活躍し、ロシアやベトナム、インドなど国内外で大規模なショーを開催したほか、京成電鉄の特急「スカイライナー」のデザインを手がけるなど、幅広い分野で活躍を続けました。

山本さんは70歳をすぎても、日本の伝統文化や芸術などを融合させたショーを開催するなど精力的な活動を続けましたが、ことし3月、急性骨髄性白血病で入院して治療中であることを公表していました。

自身のSNSなどでは「新たな挑戦と捉え、前向きに治療に励んでおります。これからも世界中の人々に元気をお届けするため、『スーパー元気な山本寛斎』になって必ず戻ってきます」とメッセージを送っていました。

事務所によりますと、山本さんは今月21日に急性骨髄性白血病のため、入院先の東京都内の病院で76歳で亡くなりました。

葬儀は、近親者のみで執り行ったということです。

山本未來さん「無償の愛を与えてくれた存在」

山本寛斎さんが亡くなったことについて、娘で俳優の山本未來さんは、自身のインスタグラムを更新し、「父、山本寛斎は去る7月21日、私を含め家族が看取る中、安らかに76歳にてこの世を旅立ちました」と報告しました。

そして、「私にとって、父はエネルギッシュで明るいことはもとより、穏やかで、寛大で、人懐っこく、コミュニケーションを大切にし、無償の愛を与えてくれた存在でした。また人生を通して『時に折れることがあろうと、常に前向きに、果敢に挑戦し続けることが明るい未来に繋がる』ということを教えてくれました」としのんでいました。

そのうえで、「生前中の父・山本寛斎と関わってくださった関係者の皆さま、医療関係者の皆さま、応援してくださった皆さまへ心より感謝を申し上げます」とつづっています。

コシノジュンコさん「日本が暗く」

山本寛斎さんが師事したデザイナーのコシノジュンコさんは「世の中が落ち込んでいるこのようなときに、元気印の寛斎さんがいなくなると日本はより暗くなります。残念です」というコメントを出しました。

企画イベントは予定どおり開催

山本寛斎さんは、ファッションを軸に日本の伝統文化や芸術などを融合させたショー「日本元気プロジェクト」を近年、毎年開催しています。

ことしは、新型コロナウイルスの影響で、初めてオンライン配信に切り替えて今月31日に開かれる予定で、俳優の夏木マリさんや、歌舞伎俳優の市川右團次さんなどが出演することになっています。

事務所によりますとイベントは予定どおり開催されるということです。

山本さんは闘病中、イベントのホームページにコメントを掲載し、「長年、皆さまに“ファッションを通して元氣になろう!”とお伝えしてまいりましたが、闘病中の今、身をもって、“ファッションには人を元氣にするチカラがある!!”ということを実感しております。私にとって、現在のワクワク・ドキドキは、一日でも早く退院し、“晴れ着姿のカンサイ”を皆さまにご披露したいということです。7月31日、力強いスタッフ陣と、夢に向かって一生懸命な若い世代の方々と共に、ファッションを通して、世界中に元氣をお届けします!!」と、このイベントへの思いをつづっていました。