福岡刑務所 20代刑務官の感染確認 新型コロナウイルス

福岡刑務所 20代刑務官の感染確認 新型コロナウイルス
福岡刑務所に勤務する20代の男性刑務官が新型コロナウイルスに感染したことが確認され、これで福岡刑務所の刑務官の感染者は4人となりました。
法務省によりますと、福岡刑務所では、今月20日に40代の男性刑務官が新型コロナウイルスに感染したことが確認され、この刑務官と接触があったとみられる職員を自宅待機させていました。

このうち20代の男性刑務官が、24日から発熱の症状があったため、PCR検査を行ったところ、25日、感染が確認されたということです。

福岡刑務所の刑務官で感染が確認されたのは4人目で、いずれの刑務官も、受刑者の指導や監督などの業務に当たっていたということです。

福岡刑務所では感染が確認された刑務官と接触があったとみられる受刑者は個室に隔離するなど、感染拡大の防止に努めているということです。