社会

埼玉 新たに33人感染確認 新型コロナウイルス

埼玉県内では26日、新たに33人の新型コロナウイルスへの感染確認が発表されました。
このうち埼玉県は18人の感染確認を発表したほか、川口市が7人、さいたま市が5人、川越市が3人の感染確認をそれぞれ発表しました。

このうち、さいたま市は10代から50代の男女5人の感染を発表し、このうち3人は、それぞれ市内の小学校に通う女子児童と、市内の中学校に通う男子生徒と女子生徒だということです。

市教育委員会によりますと、27日は3人が通う学校をいずれも臨時休校とするということですが、学校名や対象となる学校の数などは公表していません。

このほか川口市では20代から80代までの男女7人、川越市では10代から20代までの男女3人の感染がそれぞれ確認されました。

これで県内で発表された感染者は2065人となりました。

また、埼玉県警は25日に感染が分かった40代の公務員の男性について、川口市の武南警察署の生活安全課に勤務する警察官であることを明らかにしました。

警察によりますと、署内での集団感染は確認されていないということですが、同僚17人については当面の間、自宅待機にしたということです。

特集

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。