ALS患者嘱託殺人事件 医師が「胃ろう」から睡眠薬投与か

ALS患者嘱託殺人事件 医師が「胃ろう」から睡眠薬投与か
難病、ALSを患う京都市の女性を医師2人が薬物で殺害したとされる嘱託殺人事件で、女性に投与された薬物が海外の安楽死を認めている国などで使われる睡眠薬だったことが捜査関係者への取材で分かりました。

警察はこの睡眠薬がチューブで胃に栄養を直接送る「胃ろう」から投与されたとみて調べています。
いずれも医師の大久保愉一容疑者(42)と山本直樹容疑者(43)は去年11月、全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病、ALSを患う京都市の51歳の女性の依頼を受け自宅に出向いて薬物を投与し殺害したとして、嘱託殺人の疑いで逮捕され、裁判所は25日、来月3日まで10日間の勾留を決めました。

女性は急性薬物中毒で死亡し、警察が体内から検出された薬物の成分を鑑定した結果、投与されたのは鎮静効果などがあるバルビツール酸系の睡眠薬だったことが捜査関係者への取材で分かりました。

この睡眠薬は大量に摂取すると死に至ることから、海外の安楽死を認めている国の一部では同じ種類の薬が使用されていますが、日本では「向精神薬」に分類され、市販されていないということです。

一方、女性は口から食事をすることができない状態だったということで、警察は2人の医師がチューブで胃に栄養を直接送る「胃ろう」から薬物を投与したとみて詳しく調べています。