米国務省 ヒューストンの中国総領事館が閉鎖と発表

米国務省 ヒューストンの中国総領事館が閉鎖と発表
k10012531841_202007250642_202007250643.mp4
中国政府が対抗措置として四川省成都にあるアメリカ総領事館の閉鎖を通知したことについて、ホワイトハウスの報道官は「報復をするのではなく、悪意のある行為をやめるべきだ」と述べて、中国の対応を非難しました。
アメリカ政府がテキサス州ヒューストンにある中国総領事館の閉鎖を命じたことに対抗して、中国政府は24日、四川省成都にあるアメリカ総領事館の閉鎖を通知したと発表しました。

これについてアメリカ・ホワイトハウスのマケナニー報道官は24日の記者会見で、中国が在外公館を通じて長年にわたり知的財産を盗もうとしてきた、としたうえで「報復をするのではなく、悪意のある行為をやめるべきだ」と述べ、中国の対応を非難しました。

一方、アメリカが閉鎖を命じた中国総領事館の活動についてアメリカ司法省の高官は、総領事館の職員が研究機関などに潜入していた中国のスパイと連絡を取り合い、どのような情報を盗み出すか具体的に指示していたとの見方を示しました。

またアメリカの情報機関の高官は「知的財産を盗むことにおいて、攻撃的で成果を挙げていた」と指摘したほか、国務省の高官も、新型コロナウイルスのワクチン開発に関する情報を盗み出そうとしていたとの見方を示し、中国総領事館の閉鎖は正しい決定だったと強調しました。

ヒューストンの中国総領事館では

アメリカ国務省の報道担当者は24日夜、声明を発表し、ヒューストンの中国総領事館が閉鎖されたことを明らかにしました。

これに先立ち、アメリカのメディアは、総領事館で職員らが荷物を搬出したと伝えていました。

搬出作業は総領事館の閉鎖期限となっていた24日早朝から始まり、職員らが本国などとの連絡の際に使う公電用のバッグや段ボールを次々とトラックの荷台に積み込んだということです。