接待伴う飲食店に警視庁が立ち入り 都が消毒徹底など呼びかけ

接待伴う飲食店に警視庁が立ち入り 都が消毒徹底など呼びかけ
新型コロナウイルスの感染が拡大しているとされる新宿などの接待を伴う飲食店に対して、警視庁が24日夜立ち入り調査を行い、これに合わせて東京都が消毒の徹底などを呼びかけました。
新型コロナウイルスの感染が接待を伴う飲食店で広がっているとされる中、警視庁が24日夜、新宿と池袋の店舗に立ち入り調査を行いました。

このうち、新宿 歌舞伎町では私服の警察官や東京都の職員およそ10人が、調査対象の店が入る雑居ビルに入りました。

調査の根拠となった風俗営業法では、警察が立ち入り調査を行い、営業時間や従業員名簿の確認ができると定められていますが、消毒といった衛生面の規定はありません。

警察関係者からは、感染症対策を目的に立入調査を行うことは法律の趣旨から逸脱するおそれもあるという懸念の声も上がっています。

このため今回の調査では、警視庁が営業時間の確認などを行ったあと、同意を得られた店舗に対し都の職員が感染の拡大防止のため消毒や検温などを徹底するよう呼びかけたということです。