社会

嘱託殺人容疑の医師2人 事前に難病の女性と入念なやり取りか

難病の女性の依頼を受け薬物を投与して殺害したとして医師2人が逮捕された事件で、2人の医師は女性の容体が急変した当日に知人として招かれ短時間だけ滞在していたことが、捜査関係者への取材で分かりました。警察は、SNSを通じて入念なやり取りを重ねたうえで女性を殺害したとみて調べています。
いずれも医師で宮城県名取市で開業している大久保愉一容疑者(42)と東京 港区に住む山本直樹容疑者(43)は、去年11月、難病の女性からの依頼を受けて、京都市の自宅で薬物を投与して殺害したとして、23日、嘱託殺人の疑いで逮捕されました。

警察は、2人の認否について明らかにしていません。

亡くなったのは、全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病、ALSの患者の林優里さん(当時51)で、警察はSNSへの安楽死に関する投稿をきっかけに、医師と知り合ったとみています。

また捜査関係者によりますと、女性は、面識がない医師2人が事件当日、初めて自宅に訪れた際、ヘルパーに「知人」と伝え、部屋の外に出るよう促したということです。その後2人は10分ほどで退出し、直後に容体が急変した女性をヘルパーが発見しました。

このため警察は、2人の医師は事前にSNSを通じて入念なやり取りを重ねたうえで女性を殺害したとみて調べています。

特集

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。