「Go To」自粛対象「若者20代以下 高齢者60代以上」官房長官

「Go To」自粛対象「若者20代以下 高齢者60代以上」官房長官
22日から始まった「Go Toトラベル」で、政府が、若者や高齢者の団体旅行は控えることが望ましいとしていることに関連し、菅官房長官は、若者は20代以下、高齢者は60代以上を念頭に置いていることを明らかにしました。
観光需要の喚起策「Go Toトラベル」について政府は、若者や高齢者の団体旅行、大人数の宴会を伴う旅行は、新型コロナウイルスの感染を防ぐため控えることが望ましいとしています。

これに関連し、菅官房長官は午後の記者会見で「若者や高齢者の団体旅行は一般に感染リスクが高いと考えられている。若者について20代以下を、高齢者は60代以上を念頭に置いている」と述べました。

また、菅官房長官は記者団から「Go Toトラベル」の開始とイベントの開催制限の維持は、政策として矛盾しないのか問われたのに対し「それは全くない。『Go Toトラベル事業』に関しては、専門家の意見も踏まえながら、感染リスクが高い若者や高齢者の団体旅行は利用を控えるように呼びかけるなど、さまざまな対策を講じている」と述べました。