官民でサイバー攻撃への対策強化を 新型コロナ感染防止

官民でサイバー攻撃への対策強化を 新型コロナ感染防止
新型コロナウイルスの感染防止のため、テレワークなどオンライン化が進む中、政府はサイバー攻撃などのリスクが高まっているとして、官民ともに対策を強化することなどを盛り込んだ、新しい計画を決めました。
政府の「サイバーセキュリティ戦略本部」は、サイバー攻撃などに備える対策をまとめた年次計画を決定しました。

この中では、新型コロナウイルスの感染防止のためテレワークの導入が広がるなど、社会全体のオンライン化が進む中、感染拡大の混乱に乗じたサイバー攻撃や不正なアプリが増加するなど、リスクが高まっていると指摘しています。

そして、電気や水道など重要なインフラに障害が生じないよう、政府が事業者との連携をより強化することや、政府や関係機関でサイバー対策の知識を持つ人材の育成を図ることなどを盛り込んでいます。

また、情報やサービスのやり取りや企業間の取り引きが、オンライン上で幅広く行われるようになったことから、サプライチェーン全体で対策を強化する必要があるとして、中小企業も含め広く対策を促すとしています。