はやぶさ2 さらに10年程かけ 高速自転の小惑星探査へ

はやぶさ2 さらに10年程かけ 高速自転の小惑星探査へ
小惑星探査機「はやぶさ2」が、ことし12月にカプセルを地球に帰還させた後、さらに10年程度をかけて、高速で自転する別の小惑星を探査する新たな計画が検討されていることがわかりました。
小惑星「リュウグウ」の探査を行った日本の「はやぶさ2」は、ことし12月6日に「リュウグウ」の砂などが入ったとみられるカプセルを地球に落下させた後、さらに別の天体に向かう新たな探査計画が検討されています。

JAXAは、残りの燃料などから、さらに10年程度をかけて高速で自転する小惑星を探査する2つの計画に絞り込み、どちらにするか最終的な検討を行っていることがわかりました。

一つは、金星の近くを通過するなどして2029年11月に「2001AV43」という小惑星に到着する計画で、もう一つは、さらに別の小惑星の近くを通過しながら2031年7月に「1998KY26」という小惑星に到着する計画です。

いずれの小惑星も、1回転が10分程度と高速で自転していることなどから、「リュウグウ」のように多くの岩石が集まった内部構造とは異なると想定されていて、小惑星の新たなデータが得られるとしています。

また、実行すれば、打ち上げから15年ほどになり、長期間宇宙空間で活動した際の機器への影響についても基礎的なデータが得られるということです。

JAXAはさらに検討を続け、ことし9月までにどちらの計画を行うか決める見通しになっています。