「悔やんでも悔やみきれない」三浦春馬さんの事務所がコメント

「悔やんでも悔やみきれない」三浦春馬さんの事務所がコメント
人気俳優の三浦春馬さんが18日亡くなったことを受けて、所属事務所が公式ホームページに新たなコメントを載せ、「悔やんでも悔やみきれないという思いです」などと三浦さんの死を悼みました。
俳優の三浦春馬さん(30)は、18日東京都内の病院で亡くなり、警視庁は現場の状況などから自殺を図ったものとみています。

三浦さんの所属事務所「アミューズ」は20日、公式ホームページに新たなコメントを載せ、「中学生の頃から16年という長きにわたって共に夢を語り、歩んできた大切な仲間のあまりにも突然の訃報に接し、所属アーティスト、スタッフともに、悲しみという感情を超えて茫然自失としており、悔やんでも悔やみきれないという思いです」と三浦さんの死を悼んでいます。

そのうえで、「彼の役者として仕事と向き合う姿勢はもちろん、普段から誠実でチャーミングな人柄は、多くのファンの皆様、社内外の多くのアーティスト、スタッフからも愛されておりました。一つ一つの作品に向かうエネルギーによって、本当に眩しく輝いていた彼の魂は、これまでの多くの作品と、それを受け取った全ての方の心の中で、決して失われることなく輝き続けることと思います」と続けています。

さらに、「いまだ信じがたく受け入れがたい気持ちであり、深い悲しみの中におりますが、三浦春馬は今後もアミューズのアーティストであり、私たちのかけがえのない仲間であることに変わりはありません」とつづっています。

三浦さんの葬儀はすでに密葬で行われ、事務所では今後、新型コロナウイルスの感染予防にも配慮したうえで、関係者やファンがお別れできる機会を設けたいとしています。