東京 文京区 特別養護老人ホームの職員1人感染確認 新型コロナ

東京 文京区 特別養護老人ホームの職員1人感染確認 新型コロナ
東京 文京区の特別養護老人ホームの職員1人が、新型コロナウイルスに感染していることが確認され、この施設では新たな入所者の受け付けを休止しています。
文京区によりますと、感染が確認されたのは区内の特別養護老人ホームの職員1人で、今月14日、出勤前に発熱し、PCR検査を受けたところ18日、感染が確認されたということです。

このため、この施設では、19日から今月26日まで新しい入所者の受け付けの休止を決めたほか、この施設と同じ建物内で行われている短期入所や通所での介護も休止します。

感染が確認された職員は発熱したあとは出勤していませんが、区は、同じ施設に勤務する職員3人を濃厚接触者として検査することにしています。

一方、入所者には濃厚接触者はいないとみられるということです。