栃木 那須塩原 観光従事者 定期的にPCR検査実施へ

栃木 那須塩原 観光従事者 定期的にPCR検査実施へ
栃木県那須塩原市は、新型コロナウイルスの感染拡大防止と観光の振興を両立させるため、観光に従事する人を対象に定期的にPCR検査を行う市独自の対策案を公表しました。対策案は那須塩原市の渡辺美知太郎市長が16日、定例の記者会見で公表しました。
この中では、「観光の持続性」と「住民の安心・安全」が重要だとして、観光業者と観光客の双方が対策を取りながら、新たな観光モデルを構築する必要があるとしています。

具体的には観光業者に対しては感染対策の「見える化」を図るよう求め、観光に従事する人たちに定期的にPCR検査を行い、市の感染防止対策の基準を満たした業者への認証制度を設けます。

一方、観光客に対しては感染防止に協力してもらうため、温泉地の入湯税を引き上げるなどして一定の負担をしてもらい、検査の財源などに充てるとしています。

こうした対策は、8月以降の実施を目指し準備を進めることにしていて、渡辺市長は、「観光客の意識や行動にも一定の責任を負っていただくことで那須地域の観光のブランドイメージを高めていきたい」と話しました。