リニア中央新幹線「2037年の大阪への延伸にも影響」JR東海社長

リニア中央新幹線「2037年の大阪への延伸にも影響」JR東海社長
静岡県との協議が難航しているリニア中央新幹線について、JR東海の金子慎社長は、2027年の東京・名古屋間の開業は難しいとする考えを重ねて示すとともに、早ければ2037年を目指すとしている大阪への延伸にも影響が出かねないという認識を示しました。
リニア中央新幹線をめぐっては、JR東海が、静岡県内のトンネル工事に向けた準備作業を認めるよう求めていますが、水資源への影響を懸念する静岡県との協議が難航し、2027年の開業が厳しくなっています。

これについてJR東海の金子社長は、15日、名古屋市内で開いた記者会見で、「静岡県の了解が得られないならば、2027年中の開業は難しいと認識している」と述べ、予定どおりの開業は難しいとする考えを重ねて示しました。

そのうえで、「この計画が持つ使命に加え、政府や沿線自治体の思い、また、自社の社員、それに工事関係者も頑張っているといったことを考えると大変残念だ」と述べました。

さらに金子社長は、「名古屋までの開業が遅れると、大阪への開業にも影響が出ると懸念している」と述べ、早ければ2037年を目指すとしている大阪への延伸にも影響が出かねないという認識を示しました。