「特別警報」その時、どうすれば?

「特別警報」その時、どうすれば?
重大な災害が発生している危険性が極めて高いときに発表される「特別警報」。聞いたことはあるものの、具体的にどういう警報なのか、発表されたときにどうすればいいのか、よくわからない、という人もいるのではないでしょうか?

「特別警報」とは

「特別警報」は、災害の種類ごとに発表されます。気象分野では、「大雨」、「大雪」、「暴風」、「暴風雪」、「波浪」、「高潮」の6種類。数十年に一度しかないような、いわば「緊急事態」であることを示す最大級の警報です。
「特別警報」ができたきっかけは、平成23年に紀伊半島を襲った「台風12号」でした。気象庁が重大な災害への警戒を呼びかけたにもかかわらず、90人以上が犠牲に。危険性が十分に伝わらず、住民の迅速な避難に結び付かなかったという教訓から「特別警報」は生まれたのです。

「特別警報」私たちはどう行動すべき?

この「特別警報」が出たら、私たちはどう行動すべきなのか。気象庁予報部の松尾篤さんにお話を聞きました。
松尾さん
「もうすでに発表した段階で、何らかの災害が起こっていてもおかしくない状態です。大雨特別警報が出た段階で逃げ遅れている人は、例えば2階など少しでも高いところに避難するといった、命を守るための最善の行動を取る必要があります」

「特別警報」の前に避難を!

「特別警報」が発表された段階では、すでに災害が発生するなど危険な状態に陥っている可能性が高くなっています。そのため「特別警報」が出る前に避難しておくことが大切です。
これは、気象警報や避難勧告などの情報を5段階の警戒レベルで表したものです。
警戒レベル3の「大雨警報」や「洪水警報」の時点で、高齢者や体の不自由な人などは避難を始めてください。ニュースでも、「警戒レベル3にあたる」などと伝えていますから、ぜひ参考にしてください。
そして警戒レベル4では、「避難勧告」や「避難指示」が出されます。レベル5になるのを待たず、この段階で、危険な場所にいる人は速やかに避難するようにしてください。また、避難は「避難勧告」の段階でするようにしてください。「避難指示」は、より危険性が高い状況です。もし、その時点でまだ避難していない人は、直ちに避難する必要があります。
警戒レベル5が、今回の「特別警報」や河川の「氾濫発生情報」が発表される状況です。災害が発生して、すでに避難場所に移動するのが難しくなっている可能性があります。建物の2階以上や、崖に近い家では反対側の部屋に移動するなど、自分や家族の命を守るために最善の行動を取ってください。
松尾さん
「特別警報を待つことなく、これが出る前に、避難を完了させるってことがいちばん重要だと思います」

少しでも早く情報入手を!

さらに松尾さんは、こうした気象警報などの情報を少しでも早く入手できるように、日頃から準備しておいてほしいと話していました。
松尾さん
「警報から特別警報が出るまでの間がすごく短い場合もありますので、できるだけそういった情報を、例えば防災アプリとかを登録して自分のところに届くように設定しておくなど、少しでも早く情報を入手して、少しでも早く逃げるという、そういった工夫をする必要があると思います」

“解除”から“切り替え”へ

そして特別警報に関しては、もう一つ、ぜひ覚えておいてほしいことがあります。
2019年の台風19号では、大雨の特別警報が解除された後に川の氾濫が相次ぎました。避難所から自宅に戻った後に浸水被害に巻き込まれた人もいました。そこで国土交通省と気象庁は、今は「特別警報」については「解除」ではなく、「警報への切り替え」と表現を改めています。大雨のピークが過ぎて「特別警報」が「警報」に切り替わっても、油断は禁物です。川の氾濫などには、十分に警戒してください。
「週刊まるわかりニュース」(土曜日午前9時放送)の「ミガケ、好奇心!」では、毎週、入学試験で出された時事問題などを題材にニュースを掘り下げます。
「なぜ?」、実は知りたい「そもそも」を、鎌倉キャスターと考えていきましょう!
コーナーのホームページでは、4月放送の第1回からすべての回のおさらいもできます。下のリンクから見られますので、ぜひご覧ください!