東京港 大井ふ頭 ヒアリ 約1500匹見つかる

東京港 大井ふ頭 ヒアリ 約1500匹見つかる
東京港の大井ふ頭でヒアリがおよそ1500匹見つかり、環境省や東京都が駆除を進めています。
環境省では全国の港湾を対象にヒアリの定期調査を行っていて、今月10日、大井ふ頭のコンテナヤードでおよそ1500匹のアリが路面にいるのが見つかり、土の中にも出入りしていました。

専門家が分析した結果、ヒアリと確認され、環境省や東京都は殺虫剤入りの餌などを置いて駆除を進めています。

環境省によりますと、これまでのところ女王アリは含まれておらず、巣も見つかっていないということです。

東京港では先月、青海ふ頭でもヒアリが200匹以上見つかっています。

環境省は改めて港湾の事業者や関係機関に注意を呼びかけていて、ヒアリを見つけた場合は触らずにすぐに環境省や最寄りの自治体に連絡してほしいとしています。