広島 10河川が氾濫危険水位に

広島 10河川が氾濫危険水位に
広島県によりますと、▽三次市を流れる馬洗川と上下川、▽安芸高田市を流れる江の川、▽庄原市を流れる成羽川、▽東広島市を流れる沼田川、入野川、黒瀬川、▽尾道市を流れる御調川、▽福山市を流れる吉野川、▽世羅町を流れる芦田川は、それぞれ市内や町内の観測所で14日午前7時現在、氾濫危険水位を超えています。
広島県は氾濫の危険が高まっているとして近くの住民などに警戒するよう呼びかけています。