藤井七段が連勝目指す 王位戦第2局始まる

藤井七段が連勝目指す 王位戦第2局始まる
k10012512001_202007131236_202007131254.mp4
将棋の八大タイトルの1つ「王位戦」七番勝負の第2局が札幌市で始まり、藤井聡太七段が2連勝を目指して木村一基王位に挑んでいます。
藤井聡太七段(17)は、棋聖戦に続く2つ目のタイトル挑戦として、今月から「王位戦」の七番勝負に臨み、木村一基王位(47)を相手に初戦を白星で飾っています。

第2局は13日午前9時から札幌市内のホテルで始まり、後手の藤井七段はマスクをはずしてお茶を口に含んで、おしぼりで手を拭いたあと、飛車先の歩を進めていました。

持ち時間はそれぞれ8時間に及び、14日の午後、勝敗が決まる見通しです。

今回の「王位戦」七番勝負は、先月史上最年少でタイトル挑戦を果たした藤井七段と、去年46歳でタイトル初獲得の最年長記録を更新した木村王位の、30歳差の棋士による対局となっています。

七番勝負は9月にかけて行われ、先に4勝をあげたほうが「王位」のタイトルを獲得します。