線路脇の斜面に子やぎ住み着く 捕獲できず飼い主お手上げ 千葉

線路脇の斜面に子やぎ住み着く 捕獲できず飼い主お手上げ 千葉
k10012509251_202007101932_202007101933.mp4
千葉県佐倉市を走る鉄道の線路沿いにあるコンクリートの斜面に、近くから逃げ出してきたメスの子やぎが住み着いて、1か月半ほどたっても捕獲できない状況が続き、飼い主が頭を悩ませています。
子やぎが住み着いているのは佐倉市の京成電鉄の線路沿いにある、高さおよそ20m、幅およそ400mのコンクリートで覆われた斜面です。

飼い主の63歳の男性は、ペットショップで購入した生後3か月のメスの子やぎを、水田が広がる場所に設けた高さおよそ1mほどの柵の中で、5月上旬から飼育していましたが、2週間ほどで逃げ出したということです。

子やぎはいつの間にか800mほど離れた斜面に移動して住み着いたということで、コンクリートの飛び出た部分に足をかけて歩きながら、落ち着いた様子で近くに生えている草を食べています。

雨の中、斜面で時折、足を滑らせることもありますが、これまで列車との接触事故が起きたことはなく、通行人から連絡を受けた警察や消防が捕獲しようとしても逃げ続けているということです。

京成電鉄は「やぎが線路上に落ちてくる可能性は否定できないが、通常どおりの安全確認で十分だと考えている」として、付近でスピードを落とすなどの対応は取っていないということです。

飼い主の男性は「ご迷惑をかけて申し訳ありません。逃げ出した子やぎは、もともと人に懐かず、野性味が強い性格でした。わなを使って捕らえられないか試行錯誤していますが、何かいい方法があれば教えてほしい」と頭を悩ませていました。