キム委員長の妹 ヨジョン氏「非核化しないわけではない」

キム委員長の妹 ヨジョン氏「非核化しないわけではない」
k10012507521_202007101228_202007101228.mp4
北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の妹のヨジョン(与正)氏が談話を発表し、米朝首脳会談は北朝鮮にとって無益だとした一方、北朝鮮は非核化をしないわけではなく、アメリカによる重大な措置が伴えば非核化は可能だとして、アメリカに譲歩を求めました。
北朝鮮のキム・ジョンウン委員長の妹のヨジョン氏は10日朝、国営の朝鮮中央通信を通じて談話を発表しました。

この中で、ヨジョン氏はことし11月のアメリカ大統領選挙前の、米朝首脳会談の開催が取り沙汰されていることについて「米朝両首脳の決断によって突然行われるか、誰にもわからない」とした一方、「アメリカの決定的な立場の変化がない限り、ことし中、そして今後も必要はなく、われわれにとって無益だ」として、開催の可能性を否定しました。

また、大統領選挙の直前に米朝首脳会談が行われる可能性があると指摘したボルトン前大統領補佐官について「くずであるボルトンが述べたことで、絶対にそうする必要はない」と嫌悪感をあらわにしました。

一方、ヨジョン氏は、核実験やICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験を中止したことを念頭に、「アメリカに脅威を与える考えはなく、キム委員長もはっきりとその立場をトランプ大統領に伝えた。非核化をしないわけではなく、今はできないのだ。アメリカによる重大な措置が同時にあれば可能だ」としてアメリカに対し、北朝鮮への敵視政策を撤回し、相応の措置をとるよう譲歩を求めました。

また、談話では「キム委員長が、トランプ大統領の活動によい成果があることを祈っていると伝えてほしいと言っている」として、両首脳の関係は良好だと強調しました。

北朝鮮としては米朝首脳会談が開催される可能性を否定した一方、アメリカが譲歩すれば関係の進展もありうるとして、アメリカに態度の変化を促すねらいがあるものとみられます。