大分 日田 屋形船に被害 営業自粛から再開へ清掃したばかり

大分 日田 屋形船に被害 営業自粛から再開へ清掃したばかり
今回の記録的な大雨では、大分県日田市の温泉街で夏に観光の呼び物として運航されている屋形船も大きな被害を受け、およそ30ある船のうち10そうが流されたり壊れたりしました。
屋形船は、新型コロナウイルスの影響で営業を自粛していましたが、夏の観光シーズンに合わせて今月から本格的に再開するため、船の船頭やホテルの従業員など関係者が総出で清掃を行ったばかりでした。

運航を管理する日田温泉旅館組合の諌山吉晴組合長は「われわれにとって屋形船は命の次に大事なもので、大変困っている。今月から本格的に観光客を受け入れる予定だが、ホテルの間で船を貸し借りするなど、何とかやりくりしたい」と話していました。