岐阜 八百津町で住宅被害86件 突風か

岐阜 八百津町で住宅被害86件 突風か
8日午前、岐阜県八百津町で住宅などの屋根が飛ぶなどの被害が相次ぎ、気象台が、突風が発生した可能性もあるとみて原因を詳しく調べています。
8日午前7時ごろ、八百津町の住民から「トタンが飛ばされた」とか「瓦が飛ばされた」などという通報が町などに相次ぎました。

町によりますと、町内の八百津地区と野上地区の住宅の瓦が飛ばされたりガラスが割れたりするなどの被害が合わせて86件確認されたということです。

こうした被害は、直線距離でおよそ3キロの範囲で集中していますが、被害が何棟の建物に及んでいるのかはまだ確認できていないということです。

また、これまでに、けが人の情報は入っていないということです。

気象台は突風が発生した可能性もあるとみて、8日午後から現地に4人を派遣して被害の状況を確認するなどして、当時の詳しい状況を調べ、9日、調査結果を公表するということです。

気象台では、八百津町を含む岐阜県美濃地方に午前5時45分に竜巻注意情報を発表していました。