鹿児島 南さつまと南九州の万之瀬川 氾濫危険水位に

鹿児島 南さつまと南九州の万之瀬川 氾濫危険水位に
鹿児島県によりますと、大雨で河川の水位が上昇し、午前6時現在、南さつま市と南九州市を流れる万之瀬川で「氾濫危険水位」に達しています。
「氾濫危険水位」に達しているのは、万之瀬川の南さつま市にある万之瀬橋と南九州市にある大渡橋の2つの観測所です。

鹿児島県は氾濫のおそれがあるとして、流域の住民に自治体からの情報に注意するよう呼びかけています。

また、南さつま市を流れる加世田川の日新橋と、垂水市の本城川を流れる今川原橋の観測所では、午前6時までにいずれの観測所も氾濫危険水位を下回りました。

しかし、引き続き警戒が必要です。