熊本 記録的大雨 24人死亡 16人心肺停止 12人行方不明

熊本 記録的大雨 24人死亡 16人心肺停止 12人行方不明
記録的な大雨で川の氾濫や土砂崩れが相次いだ熊本県では、これまでに24人が死亡し、16人が心肺停止、12人が行方不明となっています。まだ被害を把握できていない地域もあり、警察や消防、自衛隊などが確認を進めています。
記録的な大雨で、熊本県では球磨川など2つの川の11か所で氾濫したほか、人吉市では球磨川の堤防が決壊し、いずれも広い範囲が水につかりました。

各地で土砂崩れなどの被害も相次ぎ、新たに人吉市で9人の死亡が確認されました。

また、芦北町では、佐敷地区の80代の女性が死亡したほか、小田浦地区の70代の男性と60代の女性、田川地区の60代の女性と90代の女性、40代の男性、女島地区の60代男性と60代女性の死亡も確認されました。

また、心肺停止だった70代の女性1人の死亡が確認され、芦北町では合わせれ9人が亡くなっています。

津奈木町では80代の男性が死亡しました。

球磨村でも心肺停止だった2人の死亡が確認されました。

球磨村では高齢者施設で14人が心肺停止になっていて、芦北町で1人、人吉市で1人が心肺停止になっています。

また、八代市によりますと、新たに3人の死亡が確認されたということです。

行方が分からなくなっている人も相次いでいて、
▼球磨村で5人
▼人吉市で3人
▼芦北町で1人、
▼津奈木町で2人
▼錦町で1人の
合わせて12人が行方不明となっています。

球磨村の渡地区にある特別養護老人ホーム「千寿園」では、川の水があふれて水につかり、入所者などの高齢者およそ50人と施設のスタッフが取り残され、このうち14人が心肺停止となっています。

県などによりますと、取り残された高齢者の中には体調のすぐれない人もいて、自衛隊が夜を徹して救助を進め2か所の医療機関に搬送したということです。

また、球磨村や相良村など県内の十以上の地区で住民が孤立した状態となっていて、熊本県は、できるだけ早く孤立状態を解消したいとしています。

「千寿園」救助された人たちは…

川の水があふれて水につかり14人が心肺停止となった熊本県球磨村の特別養護老人ホーム「千寿園」の近くでは、施設につながる道路が冠水し、消防や自衛隊がボートを使って取り残された人たちを次々に救助していました。

救助された人たちは疲れた様子でことばもなく、隊員に抱きかかえられながら車に乗っていました。

救出された91歳の堤正通さんは3日からショートステイで夫婦で施設を利用していて「救助してくれてありがたかった、本当に怖かったです」と話していました。

迎えに来ていた息子の俊介さんは「施設に連絡してもつながらず状況が全くわからなかったので心配でした」と話していました。

救助に当たっていた自衛隊員によりますと「施設にはまだ30人以上取り残されている。今晩中に全員救助したい」と話していました。

亡くなった方々

熊本県は今回の記録的な大雨で亡くなった人のうち、遺族から同意が得られた12人について、名前などを明らかにしました。

亡くなったのは、
▼芦北町佐敷の酒井民子さん(82)、
▼芦北町小田浦の川田武人さん(72)、
▼同じく小田浦の川田節子さん(69)、
▼芦北町田川の入江たえ子さん(69)、
▼芦北町田川の堀口ツギエさん(93)、
▼芦北町田川の入江竜一さん(42)、
▼津奈木町福浜の丸橋勇さん(85)、
▼人吉市下林町の後村多佳志さん(62)、
▼人吉市下林町の西隆男さん(84)、
▼人吉市下薩摩瀬町の井上三郎さん(81)、
▼人吉市中神町の湯本秀子さん(61)、
▼人吉市紺屋町の平田千恵美さん(57)です。