東京都知事選 きょう投票

東京都知事選 きょう投票
過去最多の22人が立候補し新型コロナウイルス対策などが争点になった東京都知事選挙は5日、投票日を迎え、午前7時から投票が行われます。
東京都知事選挙に立候補しているのは、届け出順に、
▽れいわ新選組の代表で、新人の山本太郎氏(45)
▽無所属で現職の小池百合子氏(67)
▽諸派の新人で、幸福実現党広報本部長の七海ひろこ氏(35)
▽無所属の新人で、日弁連・日本弁護士連合会の元会長、宇都宮健児氏(73)
▽諸派の新人で、日本第一党の党首桜井誠氏(48)
▽無所属の新人で、元介護職員の込山洋氏(46)
▽無所属の新人で、日本維新の会が推薦する熊本県の元副知事、小野泰輔氏(46)
▽無所属の新人で、元朝日新聞社員の竹本秀之氏(64)
▽諸派の新人で、歌手の西本誠氏(33)
▽無所属の新人で、建物管理会社社長の関口安弘氏(68)
▽無所属の新人で、NPO法人代表の押越清悦氏(61)
▽諸派の新人で、NHKから国民を守る党が推薦するミュージシャンの服部修氏(46)
▽諸派の新人で、自らが党首を務めるNHKから国民を守る党が推薦する立花孝志氏(52)
▽諸派の新人で、NHKから国民を守る党が推薦する、実業家秘書の齊藤健一郎氏(39)
▽諸派の新人で、自営業の後藤輝樹氏(37)
▽無所属の新人で、作家の澤紫臣氏(44)
▽諸派の新人で、イベントプロデューサーの市川浩司氏(58)
▽無所属の新人で、フリージャーナリストの石井均氏(55)
▽無所属の新人で、薬剤師の長澤育弘氏(34)
▽無所属の新人で、元会社員の牛尾和恵氏(33)
▽諸派の新人で、社会活動家の平塚正幸氏(38)
▽無所属の新人で、元陸上自衛官の内藤久遠氏(63)
以上の22人です。

過去最多の22人が立候補した選挙戦では、新型コロナウイルス対策や1年延期された東京オリンピック・パラリンピックへの対応などをめぐり論戦が繰り広げられました。

一方、選挙期間中も、東京都内では、新たな感染者の確認が相次ぎ、候補者は、集会の開催や握手を控えたほか、選挙管理委員会も、投票所で人が密集するのを避けるため、期日前投票を積極的に利用するよう呼びかけるなど、異例の選挙戦となりました。

東京都選挙管理委員会によりますと、3日までに期日前投票を行った人は有権者全体の12%にあたるおよそ138万人で前回と比べて6万人あまり増えています。

投票は、午前7時から東京都内1800か所あまりの投票所で行われ、午後8時までに締め切られて、即日開票されます。

開票速報のお知らせ

NHKでは、東京都知事選挙の開票速報を▼総合テレビで、午後7時59分から、▼ラジオ第1では午後7時55分からお伝えします。

また、当選・当確や最新の開票状況は、インターネットの特設ページでもお伝えします。URLは、https://www.nhk.or.jp/senkyo2/shutoken/16407/skh48032.html
です。