熊本 大雨 1人死亡 17人心肺停止 1人重体 7人が行方不明に

熊本 大雨 1人死亡 17人心肺停止 1人重体 7人が行方不明に
熊本県などによりますと、今回の記録的な大雨で、1人が死亡、心肺停止となっている人が17人、重体となっている人が1人、行方不明が7人となっています。
熊本県芦北町によりますと、川の水があふれて浸水した住宅で、80代の女性が死亡したということです。

熊本県によりますと、球磨川が氾濫した熊本県球磨村では、あふれた水につかった特別養護老人ホームで、合わせて14人が心肺停止となっています。

津奈木町では土砂崩れのため心肺停止となった人が1人いるということです。

消防によりますと、大規模な土砂崩れで複数の住宅が被害を受け、3人が行方不明になっていた芦北町の田川地区で、2人が心肺停止で見つかったということです。

芦北町では、女島地区で夫婦2人が土砂崩れのため行方不明に、田川地区で土砂崩れのため1人が行方不明に、伏木氏地区では1人が行方不明になっているほか、1人が救助されたものの重体だということです。

人吉市では1人が行方不明になっているほか、津奈木町では土砂崩れのため2人が行方不明になっているということで、行方不明になっている人は合わせて7人です。

熊本県によりますと、このほかに、災害に巻き込まれたかどうかははっきりしないものの、連絡が取れないままで安否がわからない人が人吉市で2人いるということです。