「接触確認アプリ」不具合修正し3日から通知開始へ 厚労省

「接触確認アプリ」不具合修正し3日から通知開始へ 厚労省
新型コロナウイルスに感染した人と濃厚接触した疑いがある場合に通知を受けられる「接触確認アプリ」に不具合が見つかっていた問題で、厚生労働省はアプリを修正し3日から接触を知らせる通知を開始すると発表しました。
アプリはスマートフォンを持っている人どうしが15分以上、1メートル以内に近づくと、相手のデータを互いに記録します。

利用者が新型コロナウイルスに感染した場合、保健所から処理番号が発行され、感染した人がアプリに入力すると、接触した相手に通知される仕組みです。

先月19日に運用が始まりましたが、その後、不具合が見つかり、これまで処理番号の発行を見合わせていました。そして、厚生労働省はアプリを修正し、3日から処理番号を発行し、接触を知らせる通知を開始すると発表しました。

すでにアプリをダウンロードしている人は、修正版にアップデートする必要があるということです。

アプリは2日午後5時の時点で、およそ499万件ダウンロードされています。