きょうからレジ袋有料化 プラスチックごみ削減につながるか

きょうからレジ袋有料化 プラスチックごみ削減につながるか
7月1日から全国の小売店で、プラスチック製のレジ袋を有料にすることが義務づけられます。環境省などは、生活に身近なレジ袋をきっかけに、プラスチックごみの削減につなげたい考えです。
レジ袋の有料化は業種や規模の大小にかかわらず、7月1日から全国すべての小売店に義務づけられます。

対象となるのは、購入した商品を持ち運ぶために使う持ち手のついたプラスチック製のレジ袋です。

ただ、植物由来のバイオマス素材を25%以上配合したものなど有料化の対象外も設けられたことから、そうした袋に切り替えて無料での配布を続ける店もあり、対応は分かれています。

小泉環境大臣は6月30日の記者会見で、バイオマス素材を配合した袋に切り替えたうえで有料化するところや、レジ袋を廃止したり紙袋も有料にしたりするケースが出てきているとして、「考えるきっかけになったのは間違いない。全国一律での有料化によって日本全体のレジ袋削減を大きく前進させるものと期待している」と述べました。

環境省の試算によりますと、国内で1年間に出るプラスチックごみのうちレジ袋は2%から3%ほどとみられています。

レジ袋が、ごみの多くを占めているわけではありませんが、環境省などは生活に身近なレジ袋の有料化をきっかけに、使い捨てプラスチックへの意識を高め、ごみの削減につなげたい考えです。