社会

東京 小学校教諭3人が感染 濃厚接触の児童の検査進める コロナ

東京 江東区と練馬区の区立小学校に勤務する教諭、合わせて3人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。江東区では、同じ学校で感染が判明した教諭がこれで4人となり、濃厚接触していた児童の検査を進めています。
江東区によりますと、新たに感染が確認されたのは、同じ区立小学校に勤務する30代の男性教諭と40代の女性教諭です。

2人とも発熱などの症状はありませんでしたが、先月26日に同僚の女性教諭2人の感染が確認されたため、PCR検査をしたところ30日、陽性と判明したということです。

区は、新たに感染が確認された2人と濃厚接触していた複数の児童について検査を行うとともに、今月6日までとしていた臨時休校の期間を10日までに延長しました。

また、練馬区の区立小学校でも30代の男性教諭の感染が確認されました。

練馬区によりますと、家族に感染者が出たあと、先月27日から発熱が続いたためPCR検査を受けたところ、感染が判明したということです。

この男性教諭はクラスの担任で、区では、児童を含めた26人を濃厚接触者として検査を受けてもらうとともに、この小学校を今月6日まで臨時休校にすることを決めました。

都内では、学校関係者の感染が相次いでいて、先月下旬には大田区の区立小学校の30代の男性教諭や、2つの特別支援学校の教職員3人の感染が確認されています。

特集

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。