新横浜駅近くでまた道路が陥没 一帯では地下でトンネル工事中

新横浜駅近くでまた道路が陥没 一帯では地下でトンネル工事中
k10012488991_202006301205_202006301206.mp4
30日朝早く、横浜市のJR新横浜駅近くの道路で、およそ7メートル四方が陥没しているのが見つかりました。一帯では地下で鉄道のトンネル工事中で、今月12日にも付近で道路が陥没していて、工事を行う鉄道・運輸機構が関連や原因を調べています。
30日午前5時半ごろ、横浜市港北区の『環状2号線』と呼ばれる道路が陥没しているのを、通りかかった人が見つけました。

陥没した部分は少しずつ広がり、一時、車道と歩道にまたがっておよそ7メートル四方になりましたが、その後埋め戻されて穴はふさがれたということです。

けが人はいませんが、『環状2号線』は陥没のおそれもあるとして埋め戻された場所付近の外回りの3車線が今も通行止めになっています。

この一帯では地下で鉄道のトンネルを通す工事が行われていて、およそ300メートル南西の同じ環状2号線でも、今月12日に道路が陥没したばかりです。

工事と陥没との関連はわかっていませんが、工事を発注した鉄道・運輸機構は工事をすべて中止して、陥没の原因などを調べています。

現場はJR新横浜駅から北東に1キロほど離れた幹線道路で、近くには横浜アリーナなどがあります。